ツーヨンのマスクは洗って繰り返し使える布製マスクです。マスクを長くご使用していただけるように、正しい洗濯の方法、シワとりの方法をご紹介します。

マスクの洗濯方法

マスクの手洗い方法

手洗いの場合

マスクは手洗いをおすすめします。その場合は洗顔用泡立てネットをご用意ください。

洗顔用泡立てネットで洗剤を泡立てます。内布は泡で汚れを浮かすようにして洗ってください。
外布はこすらずに洗顔用泡立てネットで優しく撫でるように洗ってください。

マスクの洗濯機での洗い方

洗濯機の場合

「手洗いコース」「おしゃれ着洗いコース」での洗濯がお薦めです。
必ず下着用ネットに入れてから洗ってください。ブラジャー用のネットならシワになりにくいです。
洗剤は中性洗剤がお薦めですが、家庭用洗濯洗剤でもかまいません。

マスクの干し方

マスクの干し方

洗い終わったら直ぐに干します。その際はシワを良く伸ばし、陰干しにしてください。

マスクのシワとり方法

マスクは立体設計にでき上がっています。
ふくらみのあるマスクをコンパクトに包装しているため、どうしてもシワが発生してしまいます。
また、表面の素材が天然繊維の綿100%のため、シワが発生しやすくなっています。

マスクにシワが出来た場合は下記の方法を試してみてください。

スチームアイロンの場合

スチームアイロンの場合

家庭のスチームアイロンを使い、シワの部分に蒸気をかけて下さい。
10秒~15秒位でシワが取れていきます。

シワが伸びない場合

シワが伸びない場合

軽くアイロンを押し当ててください。立体型マスクの場合は、仕上げ馬などを使うと形を整えやすいです。

スチームアイロンが無い場合

スチームアイロンが無い場合

霧吹きをかけるだけでも効果はあります。
お急ぎの場合は濡らした後にシワを伸ばしまがらドライヤーで一気に乾燥させます。
その際ドライヤーの熱で布地を痛めないよう注意してください。

マスクご利用上のご注意

  • 皮膚に異常がある時や、異常があらわれた場合は直ちに使用を中止してください。
  • 用途以外には使用しないでください。
  • マスクは生産ロットにより、仕上がりの形状・寸法が多少 異なることがございます。
  • 洗濯を繰り返すことで、白いものは黄ばみが発生します。
  • マスクには上下があり、リングのある部分が下側になります。

保湿マスクとしての利用方法

マスクをそのままご利用いただいてものど、鼻、肌を乾燥から守れますが、マスクの内側に水、お湯を紙コップなどから垂らし、湿らせると、のど、肌のうるおいに、より一層効果が期待ができます。