TUYON「繰り返せマスク®」は人と環境に配慮したマスクです

洗って繰り返し使えるエコマスク

エコロジー

使い捨てではなく、繰り返して何度も使えるから「経済的かつ環境にもやさしいマスク」です。中性洗剤で手洗い、もしくは洗濯ネットに入れれば洗濯機でも洗えます

※乾燥機のご使用は避けてください。

立体設計で話しやすい、息がしやすい

立体設計のマスク

お顔の形に合わせて、マスクを立体化させることで、話しやすく、息苦しくならず、口紅もつきにくい設計になっています。

※フラットマスク・プリーツタイプは立体設計ではありません。

天然繊維&抗菌・消臭効果のある素材

天然繊維

お口に当たる内側の素材は、綿あるいはレーヨン(再生繊維)を使った生地で、使い捨てマスク特有の臭いがありまん。
また、ガーゼマスクの様なチクチク感がなく、抗菌・消臭効果のある生地においては、清潔で、嫌な臭いもシャットアウトします。

抗ウィルス・花粉対策できる別売フィルター

マスクフィルター

一般的なマスク同様にお使い頂けますが、別売フィルターを装着することで、抗ウイルス対策・花粉対策の機能性マスクにチェンジします。

※フィルターポケットの無いマスク(シンプルタイプ)はフィルターを装着できません。

UVカットと潤いキープでほうれい線対策

UVカットと潤いキープでほうれい線対策

「繰り返せマスク®」全ての商品でUV対策が可能です。
また美容成分配合繊維の保湿マスクもありますので、用途に合わせてお選び下さい。

耳の後ろが痛くならないフラットテープ

マスク

掛けヒモはストレッチのきいた幅広テープ。
繰り返し洗濯をしても劣化しにくく、お顔に合わせてヒモの長さを調節できます。着用後もマスクの跡が残りません

TUYON「繰り返せマスク®」のマスクの構造は2タイプ

フィルターを装着できるポケット付きタイプ

ポケット付きマスク

マスクの内側にポケットがあり、そこに別売りのフィルターを装着することでウイルス&花粉対策できる機能性マスクにチェンジします。

※付属のインセッターで簡単に装着できます。

商品例

  • 保湿マスク
  • カワイイマスク
  • メンズマスクビッグ
  • UVカットマスク(T-56のみ)

別売りの抗ウイルス・花粉・風対策用フィルター

ISO-9001を取得した東レのトレミクロン®高性能シートを採用。
PM2.5にも対応し、花粉やほこり、細菌まであらゆるミクロの汚れをキャッチします。

マスクフィルター

濡れマスクにも対応したシンプルタイプ

フィルター用のポケットのないシンプルタイプ構造だから、通常の使い方以外に水で湿らせて「濡れマスク」として使用しても呼吸が楽にできます。風邪予防にも効果的。
お休み前にお好みのアロマを使用されるとリラックス効果もえられます。

※付属のインセッターで簡単に装着できます。

商品例

  • UVカットマスク
  • こどもマスク
  • 保湿マスク(T-55のみ)
  • プリーツタイプマスク

濡れマスクの作り方

濡れマスクの作り方
  1. 手を洗った後、マスク内側・中心部に水を5~8cc(小さじ1)をたらし数秒待つ。
  2. 水をこぼさないようゆっくりとマスクを内側に折り畳み、溜まった水を外側へと指で押し広げます。(図参照)

水の量はあくまでも目安です。マスクの大きさ、その日の乾燥度合いに応じて調節してください。

ご注意

ポケット付きタイプでも濡れマスクとしてご使用いただけますが、お顔の骨格、呼吸の強さ等によってフィルターポケットの内布がお顔にくっつく場合がございます。気になる方はシンプルタイプをご利用ください。

ツーヨンのマスクのはじまり

デザインマスクはどうして生まれたの?
~マスクは白でなくてもいいのか?~

「日本の女性にもカラフルなマスクを」「殺風景な白いマスクばかりでなくカラフルでセンスのよいマスクを女性に提供できれば」という思いをもとに、ツーヨンは、京都商工会議所のモニター事業を通じて1,500人から意見をいただき、デザイン・機能性ともに満足していただける製品を2003年の8月に開発いたしました。

開発当初、商品のネーミングをどうしようかと考え、「デザインマスク」に決定しました。
当時「おしゃれマスク」という言葉は既にありました。しかし、ガーゼマスクに柄がついただけのものが主流で、機能性に優れたおしゃれなマスクはありませんでした。
同じ作るなら当時主流になりつつあった、不織布マスク並みのの機能、立体性を備えたマスクをとの思いから、当時全く世間になかった「デザインマスク」を命名しました。
まだマスクにファッションなんて誰も求めていなかった2003年の夏でした。

当時、デザインマスクは、ファッション性を考えた製品でしたが、単にファッショナブル・カラフルなだけではなく、マスクとしての実用的で機能性を高め、仕様もより充実したマスクを目指していました。